塚原優子
2017年入社
ハウスキーパー

クレームがないことを見届けて、
私の仕事が終わる。

塚原優子 2017年4月入社ベッセルイン心斎橋 ハウスキーパー 地域正社員

実は25歳からホテルの仕事一筋。ベッドメイクをずっとやってきました。入社したきっかけはオープンでの募集だったこと。リーダー候補という募集だったので、自分のこれまでの仕事の粋を活かせるんじゃないかと思ったんです。実際に入社1ヶ月後からリーダーとして仕事をしています。メンバーの仕事の振り分けや分担をつくるのが仕事ですが、休日や時間帯など、細やかな気遣いをしながら振り分けていきます。仕事は単なる掃除じゃないですからね。「売り物の部屋」をつくるのが仕事。例えば「毛が落ちてる」なんて言われたら、それは失敗。そうならないように、ダメなときは心を鬼にしてもう一度やってもらいます。この仕事は次の日にクレームがないことが、完璧な仕事の証。何か困ったことがあれば、社員のみなさんにすぐに相談しています。距離感が近いので、とてもやりやすいです。人は結局、経験することでしか成長できません。メンバーもどんどんチャレンジして経験して欲しい。そのためには、チームワークも大事。リーダーとしていい雰囲気をつくってきたい。自分も子どもがまだ小さくて病気がちだったとき、その頃働いたホテルのリーダーが気遣いをしてくれました。それを参考にしながら、自分なりのチームをつくっていきたいですね。

STAFF INTERVIEW

TOP